美容外科と整形外科

綺麗な女性20

「美容外科」と「整形外科」。どちらも耳にしたことはあるでしょう。しかし、その違いをしっかり説明してほしいと言われたら、あなたはどうしますか?どちらがどういうものなのか、明確な違いを交えてしっかりと説明することが出来るでしょうか。

なんとなくニュアンスで理解したような気持ちになってしまっている人歯は、実は決して少なくないのです。実際に利用してみるまで、その違いを理解していなかったという人もたくさんいます。お花「美容外科」の定義は、身体の各パーツの形状について、これに起因する精神的な負担を軽減したり、除去効果を考慮したりして、より美しく形成することを目的とする臨床医学の分野です。

ようするに、身体の表面部位を、精神的なデメリット回避のために美しくするのです。対して「整形外科」とは、骨や関節などの分野を対象とする、臨床医学の分野です。骨肉腫や骨折、関節炎の治療は、整形外科の分野です。

こうして聞くと、この二つはまったく違う分野であると感じるでしょう。双方どちらとも臨床医学の一分野ではありますが、目的としているところも、対象とするものも、ニーズもまったく別のところにあります。しかし、これらを定義するものがきちんと知られていない風潮により、美容医療界での競合乱立や、患者からのクレームなども時折発生してしまっています。

というのも、それぞれの学会の存在や、医療保険の対象であるか否か、治療費の設定の自由など、様々な違いがあるからです。当サイトでは、このようにして美容外科と整形外科の違いについて解説します。

二つの医療の違い